読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王ってなんだっけ

ちょっと変わった視点で遊戯王の話をします。何かありましたら bhsinmayer959@gmail.com まで

遊戯王 大逆転クイズデッキ ⑧皆既日触の書

 

「1ターンに1度、相手の魔法、罠カードの発動を無効にし破壊する」

…強くない? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇あいさつ

 

こんにちは、
hamarD(はまーでぃー)です。

 

ふと思ったんですけど、最近のシンクロやエクシーズモンスターの効果強すぎませんか?

ほいほいと簡単に出てくる割には、複数の強力な効果を持っているとか、何だかついで程度にこちらの邪魔をしてくる効果を持っているとか…

 

相手の動きを止めるのは罠と速攻魔法だけで充分ですよ…

 

やたら何でもかんでも無効にしてくるシンクロやエクシーズモンスターには、大逆転クイズも大打撃なんですよね。

 

さて、前回までに大逆転クイズのコンボに使われるカードをご紹介しました。

  1. 「大逆転クイズ」
  2. 風魔手裏剣などの墓地で発動するバーンカード
  3. ライフを調整するカード
  4. デッキの一番上を確認出来るカード

 

大逆転クイズデッキで必要な動作はこの4つだと考えています。

しかし、実際はこんなに上手くいきません。

相手がこちらの邪魔をしてくるからです。

 

先ほども言ったように、特に最近では、魔法罠カードと違いメインデッキに組み込む必要がなく、

より出しやすいシンクロ・エクシーズモンスターの効果が、こちらの致命傷になることが多いです。

 

これらは最低限の対策が必要です。

 

特に大逆転クイズデッキは、「大逆転クイズ」を無効にされると絶対に勝てないので、

「魔法カードを止めるモンスター」は早急に対処する、

もしくは出させない必要があります。

 

複数枚並べられると厳しいですが、一体くらいなら対策すればなんとかなることも少なくありません。

 

ということで、今回ご紹介するのは、

こちらの邪魔をしてくる、

「相手モンスターの効果」対策カードです。

 

(前回までのページをお読みでない場合はこちらをどうぞ↓)

hamard.hatenablog.com

hamard.hatenablog.com

hamard.hatenablog.com

hamard.hatenablog.com

hamard.hatenablog.com

hamard.hatenablog.com

hamard.hatenablog.com

 

◇皆既日触の書

 

本日ご紹介するカードは
皆既日触の書
です。

 

f:id:hamarD:20160721074815j:plain

 

皆既日触の書 速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
このターンのエンドフェイズに、相手フィールドの
裏側守備表示モンスターを全て表側守備表示にし、
その後、この効果で表側守備表示にしたモンスターの数だけ相手はデッキからドローする。

 

いかがでしょうか。速攻魔法という点に注目です。

月の書をご存じの方は、後ろのデメリット効果の代わりにパワフルになったと思って下さい。

ちなみに皆既日ではありません。皆既日です。

 

このカードの使い方は3つあります。

  1. 厄介な効果を封じる
  2. シンクロ、エクシーズをさせない
  3. 攻撃を止める

 

効果を封じる

相手の効果モンスターを裏返すことで、強力な効果も一時的に消すということです。

 

「破壊したい!」というよりかは「効果を止められればいい」ので、このカードでフィールド全体のモンスターを裏返すことで、ブラックホールと似たような使い方ができます。

 

また、速攻魔法なので、月の書のように相手のターンで妨害に使うのも有効です。

最近は下級モンスターの効果もいちいち強いので、これらの効果を止めることはかなりの相手の邪魔になります。相手ターンでの発動なので、こちらはブラックホールでは出来ず、速攻魔法の強みです。

 

シンクロ、エクシーズを止める

要するに、出てきてから対処するのではなく、出させないということです。

効果を無効にはしなくとも、シンクロやエクシーズをしてきそうだなと思ったら、まとめて裏返していしまうと良いです。これも速攻魔法の特権です。


攻撃を防ぐ

つまり、普通の防御カードとしても使えます。

魔法カードで相手の攻撃全体を止めるカードはなかなかありません。

できるだけ魔法カードを多く入れたいこのデッキでは、相手ターンにも発動できる速攻魔法はとても頼もしい存在なのです。

 

〇注意点

 

さて、こんなにも色々なことができる速攻魔法、皆既日触の書ですが、その強さの理由は最後にデメリットが明記されているからです。

 

このターンのエンドフェイズに、相手フィールドの
裏側守備表示モンスターを全て表側守備表示にし、
その後、この効果で表側守備表示にしたモンスターの数だけ相手はデッキからドローする。

 

 たくさん裏返した分だけドローされてしまうのです。

闇雲に使っていると相手にドローさせまくってしまうので、

「ドローされてでも止めないとマズイ!」

という時のみ使いましょう。

 

全部裏返す代わりにたくさんドローされるというのは、結局はその場しのぎにしかなっていません。

ドローされたら、その次のターンで決着をつけるくらいの勢いで行きましょう。

 

◇おわりに

 

今回は以上です。

 

コンボパーツとは直接関係の無い、「相手の妨害を乗り越える」ためのカードですが、いかがでしたでしょうか。

 

使い方を振り返ります。

  1. 自分のターンに発動して、相手の効果を止める
  2. 相手のターンに発動して、相手の効果を止める
  3. 相手のターンに発動して、シンクロやエクシーズを妨害する
  4. 相手のターンに発動して、相手の攻撃を止める

 

とても複雑なようですが

効果も、攻撃も、シンクロやエクシーズ召喚も

止められる速攻魔法カードということです。

 

魔法カードでこんなにたくさんのことができるカードはなかなか少ないです。

良い対策カードだと思います。

 

この他に入れている対策系のカードはハーピィの羽根箒くらいです。

ただあれは紹介する必要があるかどうか迷うレベルですよね。

 

次回は、今までに出てきたコンボパーツ等をサーチできるカードをご紹介したいと思います。

 

お読みいただきありがとうございます!
コメントやシェアがあると泣いて喜びます。お願いします何でもしm
次回も読んでいたただけると嬉しいです。

 

以上、hamarD(はまーでぃー)でした。

おわり