読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊戯王ってなんだっけ

ちょっと変わった視点で遊戯王の話をします。何かありましたら bhsinmayer959@gmail.com まで

遊戯王 大逆転クイズデッキ⑪ アームズホール

 

装備魔法を、加えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇あいさつ

 

こんにちは、
hamarD(はまーでぃー)です。

 

正直、サーチカードってわざわざ単独でページにするほどのことでもないのでは…
もしかして、サーチするカードと一緒のページ方がわかりやすいのでは…

 

と、テラフォーミングのページを書いている時にもふと思いました。

 

同じようなことを、擬似空間のページでも書いていますが、

実際、似たようなカードのページを分けた方が良いのか、

それともまとめて一緒に紹介した方がいいのか…

 

今のところは、自分で決めた、1ページ1種類の紹介でいこうと思っています。

 

さて、前回ご紹介した、フィールド魔法をサーチするテラフォーミング

hamard.hatenablog.com

に続き、今回は、装備魔法をサーチするカードをご紹介します。


今回ご紹介する「アームズ・ホール」は、
テラフォーミングと違って、発動コストと制約があります。


しかし、その2つともが大したものではないので、
殆ど、テラフォーミングの装備魔法バージョンと捉えることもできると思います。

 

また、テラフォーミングのページでも言いましたが、
「装備魔法」という特定の種類のカードをサーチするので、

 

今後新たな装備カードが出るその度に、価値が見直されるカードだといえるでしょう。

 

装備魔法なら何でも加えられるので、本当に色んな可能性が見出せますが
このデッキで加える装備カードの代表格はやはり


風魔手裏剣となります。

hamard.hatenablog.com

 

(大逆転クイズのページをお読みでない場合はこちらをどうぞ↓)

hamard.hatenablog.com

 

◇アームズホール

 

ということで、本日ご紹介するカードは


アームズ・ホール


です。

 

f:id:hamarD:20160728091927j:plain

 

アームズ・ホール 通常魔法


このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
(1):デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。

 

いかがでしょうか。

殆どテラフォーミングの装備カードバージョンです。

なお、デッキからサーチするだけではなく、墓地からも回収ができるのが魅力的です。

 

このカードは、デッキに入れている装備魔法カードの種類が多いほど真価を発揮するので、
装備魔法は最低でも2種類は入れると良いです。

 

アームズホールの使い方は1つ、
(使い方も何も…という感じはありますが)

  1. 装備魔法をサーチすること

です。

つまり、4枚目以降の風魔手裏剣です。
もちろん、風魔手裏剣以外のカードもサーチできます。

 

〇装備魔法をサーチする

 

装備魔法と言っても色々あるので、
僕がこのデッキで使えそうな装備カードをいくつか挙げます。

  1. 風魔手裏剣
  2. サイコ・ブレイド
  3. 黒いペンダン
  4. 執念の剣
  5. 自立行動ユニット
  6. ワンダーワンド

僕が現在デッキに入れているのは上の2枚ですが、
少しでも可能性を感じたものを挙げてみました。

 

魔法軸の大逆転クイズでは風魔手裏剣は必須カードなので、早急に手札に呼び込むべく、
基本的に風魔手裏剣をサーチします。

 

風魔手裏剣は手札で被っても強いのですが、
最低限1枚あれば良いので、
他にサーチできる装備魔法も用意しておくと良いでしょう。

 

僕は、サイコブレイドを1枚入れることをおすすめします。

 

〇注意点

 

大逆転クイズデッキ自体が「除外」に弱いのですが、
このカードもその一枚です。

アームズ・ホール 通常魔法
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
(1):デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。

 「デッキの一番上のカードを墓地へ送る」というコストなので、

マクロコスモス等が発動されていると、発動できません。

ちなみにこれは、「大逆転クイズ」でも同様です。

除外には気を付けましょう、かなり苦手です。


◇おわりに

 

今回は以上です。

 

アームズホールは、

基本的に風魔手裏剣を加える。

たまに他のカードも加える

 

これだけです。

 

次回は、サーチではなくドローカードをご紹介します。

かの有名な「成金ゴブリン」です。

 

お読みいただきありがとうございます!
コメントやシェアがあると泣いて喜びます。お願いします何でもしm
次回も読んでいたただけると嬉しいです。

 

以上、hamarD(はまーでぃー)でした。
おわり